论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:论文SPSS分析网 >> 日语论文 >> 论文下载

在华日企的管理变革-以丰田为例


(全套包含开题报告、文献综述)

论文字数:12000字, 论文类型:原创|付费, 论文费用:¥520, 发布时间:2018年

【摘要】

在华日企的管理变革-以丰田为例


改革开放以来,众多日本企业纷纷进驻我国。最初我国经济以出口为导向,近几年来,开始提倡以扩大内需来促进经济。因此,相当多的企业不仅将中国视为产品的生产基地,还开始注重在中国的销售,这就要求在华日企必须不断推进本土化,加强自身活力。提高企业竞争力。天津一汽丰田是2002年成立的汽车制造日本企业,为了加快本土化,进行了众多不懈的努力。
本论文首先阐述了日本企业在中国发展的情况、现状以及动向。其次说明了在华日本企业管理的特点、问题以及形成原因。然后以丰田等企业为例阐述如何应对管理方面的问题。最后建议在华日企应重视人力资源管理以维持长盛不衰。

关键词:在华日企 丰田 人力资源管理 文化
 
要旨

中国が改革開放政策を取って以来、多くの日本企業は中国に進出した。元々、中国経済が輸出主導で成長してきたが、この間、内需拡大への転換が唱えられるようになった。これを受けて、中国を輸出製品の生産基地として位置つけるだけでなく、中国国内での販売も視野に入れる日系企業は相当増え、企業をもっと現地化にさせ、そしてもっと活力を身につけなければならない。企業競争力を向上する。天津一汽トヨタは2002年に設立した日系自動車企業で、中国での販売を開拓し、現地化を絶えずに進めている。トヨタは中国進出によって管理の面で様々な改善や変革を行った。
本稿はトヨタを例に、まず、日本企業の中国進出の歴史の経緯を考察し、日系企業の現状及び動向について明らかにする。次に、在中日系企業の人的資源管理の特徴問題及び原因を考察する。そして日系企業における人的管理の問題の対策を説明する。最後にこれからも日系企業が人的資源管理を重視しなければならないことを提案する。
キーワード:在中日系企業 トヨタ 人的資源管理 文化

*本文为原创(页面只显示摘要),售后即删。获取内容详情及其它资料协助请咨询购买毕业论文

 

站内专业内容与服务导航