案例,spss,数据分析

中日学前教育对比


此文字数共约:14000字  文章页数共约:22页  发布时间:2021年及之前  原创指数:4.5

【内容概述】

中日学前教育对比研究


教育对一个国家和民族的发展水平与人民的思想和意识形态等都有着很重要的影响。而学前教育则是教育的第一步,是每个人成长过程中很重要的一个环节。因此,各国都很重视自己的学前教育事业。
日本在二战后作为发达国家对教育制度率先进行了全方位的改革,因此,现阶段其学前教育水平在全世界已位居前列,并且成为亚洲国家的典范。
本文主要从三个部分来分析中日在学前教育领域的差距。文章的第一部分着重从中日儿童家庭教育观念的不同进行分析,得出由于家庭教育观念的不同从而对幼儿的性格和各种能力的影响。第二部分着重从中日儿童的学校教育的差异性进行分析,找出中日学校在实际教学中的不同。第三部分着重对中国儿童教育的误区进行分析,找出我国教育的弊端与改进方法。
本文将通过中日两国学前教育的现状进行理性和客观的分析,分别从学校、家庭等角度对比当代中日学前教育的内容、目的和方法之间的异同,揭示中日教育理念的差距,并且提出一些有益的建议,使我国学前教育事业可以有步骤、有目的地学习和借鉴他国的经验,取其精华,去其糟粕,进而使我国的学前教育进一步地发展。

 
关键词:幼儿教育;误区;溺爱;传统文化
要    旨
教育は国と民族の発展、人の思想や意識状態などに対して重要な影響を与えている。学齢前教育は第一歩で、人の成長に対して重要な部分あると考えられる。よって、各国では学齢前教育が重視されているという。
戦後、先進国としての日本は率先して教育制度を全般的に改革した。したがって、現在日本の学齢前教育は世界一流のレベルに達し、アジア各国の代表と言っても良いだろう。
本文では、日中両国に存在している学齢前教育の差別を三つの方面から分析すると思う。第一部では日中家庭の観念の違いを重点にして分析し、家庭の教育観念の違いが幼児の性格や能力などに与える影響を調べた。第二部では両国の学校教育の差別を分析して、実際教学の違いを調べた。第三部では中国児童への教育の誤りを重点に分析して、中国教育の不足と改善方法を考えた。
本文では現在日中両国の学齢前教育の現状を客観的に分析して、学校や家庭などの方面からその内容、目標、方法などの異同を比較して、両国の教育理念の差別を示し、いくつかの意見を提出した。学齢前教育の改善に役に立てば、今回の研究は無駄にならない。
 


キーワード:幼児教育;誤り;溺愛;伝統文化

 

*若需协助请咨询↓→[电脑QQ][手机QQ]【数据协助】