论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

中日南北朝隐逸文化对比-中日南北朝の隠者文学についての比較


类型:案例|16000字, 类别:原创|RMB560, 附件:开题报告|文献综述

【摘要】

中日南北朝隐逸文化对比-中日南北朝の隠者文学についての比較


南北朝时期,在中日浩瀚的历史长河中绽放着特异的光辉。在这段时期,中日两国都面临着政权分裂,战乱频繁的历史背景。面对一系列的社会动荡,中日两国文人不约而同地选择了远离庙堂,退隐山林。并且以隐居时期为背景创作了一系列文学作品,后代称其为隐逸文学。
但是,虽然两国在南北朝时期都诞生了大量的隐逸文学作品,但由于中日两国的自然环境不同,国情不同,各阶段的历史进程不同。使其所属的隐逸文学的特点各有其千秋。中国的隐士所创作的作品主要以诗词歌赋为主体,内容也多以记录自己在隐居期间日常的生活经历,山水游记为主。而且在一些十分具有名气和影响力的文豪们的吸引之下,许多同时期或后世的文人们都纷纷效仿、创作山水诗。因此中国的隐逸文化对今后中国的文学创作风格、形式等方面起到了创新、引导的作用。而日本的隐逸文学则多以随笔小说为主,作品中也多是记述了作者隐居生活中的感想和见解。因此对于日本国民来说,日本的隐逸文学对其的影响多体现在思想领域方面。
本篇论文将从三方面入手,对中日的隐逸文学进行对比研究:
⑴ 比較两国隐者文学产生的背景
两国的隐者文学产生的背景既有相同之处,也有不同之处。中日两国在各自的南北朝时期都经历了政治上的动乱。政治上的割裂、腐败使得两国内部战争频发、人民深受其害。这是致使两国隐者选择隐居主要原因之一。而两国当时的自然、思想、社会环境的不同,使得两国的隐者文化走向了不同的风格、对后世产生了不同的影响。
⑵ 比較中日南北朝隠者文学作品的内容和特徴
本节通过列举说明中国隠逸诗中的代表作、日本隐逸文学的两篇随笔代表作——《方丈记》《徒然草》来了解两国隐者文化各自的特点及其具有代表性的文学作品内容、形式、风格等。
⑶ 比較中日两国的隐者文化对各自国家的影响
日本的隐逸文化深受佛教的影响,而中国的隐逸文化则是深受道教思想,而道教和佛教的不同,直接影响并促使两国隐逸的不同,进而对两国产生的影响也不尽相同。

关键词:中日南北朝; 隐逸文学;比较
南北朝の時代、中日浩瀚な歴史長河の中に特殊な光を輝っている。この時代、中日両国とも政権は分裂して、戦争は頻繁に起こっていた。このような社会の大変動を背景としての情勢に面した中日の文学者たちは期をせずして一致して、朝廷を離れて、山奥に幽棲していた。さらに、隠居生活の見聞を記録して、文学作品を創作した。後人はこのような作品を隠者文学と称している。南北朝時代、中日両国も隠者の文学は大量に誕生した。しかし、中国と日本は自然の状況、国情、歴史発展のプロセスなど様々な方面で差があるから、その国なりの隠者文学の特徴はそれぞれ長所がある。中国の隠者たちは詩と賦を主体として創作した。作品内容は主に隠居の日常生活、山水を遊歴することを記録した。だから、中国の隠者文学は後世に文学創作のスタイル、形式の革新に働きをかけた。これに対して、日本隠者文学は随筆、小説を主として、作品は作者の感想、見解を展示している。だから、このような作品は、日本人の思想領域のことを啓発している。本文は両国の隠者文学が誕生した背景、文学作品の内容、影響という三つの部分から、中日の隠者文学を比較することにした。
⑴ 南北朝時代に、中日隠者文学が形成した背景の比較
両国の隠者文学が生まれた背景は同じところがあるし、違う点もある。中日両国も南北朝時代に政治的な動乱を経験した。両国における政治の分裂と腐敗の原因で戦争が頻発し、人民がその害を深く受けていた。これは、両国の隠者が隠遁を選択した主な原因の一つである。その時の自然、思想、社会環境には差があるので、両国の隠者文学が違ったスタイルを表し、後世への影響も違っている。
⑵ 中日南北朝の隠者文学作品の内容と特徴の比較
この章では、両国の隠者文学の特徴と両国の隠者文学作品の内容、形式などの特徴を理解するために、中国の隠逸诗の中に代表的な作品と日本の随筆である「方丈記」と「徒然草」を比較して論じる。、
⑶ 中日南北朝隠者文学の後世に対する影響の比較
日本の隠者文学は仏教の影響を強く受けており、中国の隠者文学は道教の影響を深く受けていた。道教と仏教の違いは両国の文学に直接的な影響を及ぼした
〔キーワード〕 中日南北朝 隠者文学 比較 

 

*获取本原创详情|案例服务请咨询↓→【电脑QQ咨询】|【手机QQ咨询】

| |