论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

食随四季—从四季的角度来看日本传统饮食文化的“生”和“鲜”


类型:案例|12000字, 类别:原创|系数:4.16, 附件:开题报告|文献综述

【摘要】

食随四季—从四季的角度来看日本传统饮食文化的“生”和“鲜”


日本传统料理以其简单的口味,注重保持食材原味的烹饪技巧甚至是新鲜的原材料而闻名于世。由于其特殊的地理条件及历史发展使得日本传统料理极其注重季节性善于利用各个时令的食材,使得人们在春夏秋冬皆可品尝到有该季节风味的美食。由此,结合了日本料理的传承与发展延申出了日本传统料理的一大特点,那就是“生”和“鲜”。美食知时节,日本独特的生鲜文化体现了日本特有的价值观、生活方式以及社会传统。因此,浅析生鲜文化在日本日常饮食中的体现是有深刻意义的。
本文运用举例的分析方法,从四季的角度以当地食材、传统季节性料理为研究对象,通过列举同一类型的料理在不同季节中所选用的食材以及不同季节所食用的菜肴来浅析“生”与“鲜”在日本传统饮食文化中的存在和体现。
本文共分为四部分,第一部分阐明日本生鲜文化的主体地位以及重要性并提出问题;第二部分从时间、空间两个角度分析日本生鲜文化产生的原因;第三部分举例具体料理阐述「旬の味」概念对生鲜文化的影响以及以四季食材及料理作为载体来体现生鲜文化;第四部分进一步得出结论并总结其具有的现实意义。
 

关键词:日本传统料理;生鲜文化;当季的味道
要旨
日本の伝統料理はその簡単な味で、食材の本来の味を保つことを重視する料理の技巧は甚だしきに至っては新鮮な原材料で有名だ。その特別な地理的条件と歴史の発展によって、日本の伝統料理は非常に重視して季節ごとの食材を使うことができて、人々は春夏秋冬にすべてこの季節の風味の美食を味わうことができる。ここから、日本料理の伝承と発展の延びるのは日本の伝統料理の特徴を作り出した。それは「生」と「鮮」である。美食は時季を知る、日本独特の生鮮文化は、日本独特の価値観、ライフスタイル、社会伝統を体現した。そのため、日本の生鮮文化が日本の日常の飲食の中に体現を分析するのは深い意義がある。
本論文では、例を用いた分析方法を用いて、四季の角度から現地の食材、伝統的な季節料理を研究対象に、同じ種類の料理を列挙することによって、異なる季節の中で選ぶ食材および季節によって食べる料理を分析して、日本の伝統的な食文化の中における「生」と「鮮」の存在と体現すること。
本論文は全部で4つの部分に分けて、第1部分は日本の生鮮文化の主体の地位と重要性を解明して問題を提出した;第二部分は時間と空間の二つの角度から日本の生鮮文化の発生の原因を分析した;第三部分は具体的な例として、「旬の味」という概念に生鮮文化への影响と、四季折々の食材や料理を媒体としての生鲜文化の体現すること;第5部分は更に結論を出してそれの持つ現実的な意義を総括した。
 
キーワード:日本の伝統料理;生鮮文化;「旬の味」

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |