论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

浅析是枝裕和电影中的日本当代家庭问题


类型:案例|10000字, 类别:原创|系数:4, 附件:开题报告|文献综述

【摘要】

浅析是枝裕和电影中的日本当代家庭问题

对是枝裕和电影的探讨一直是国内外学者的研究命题。小阿瑟诺莱迪认为是枝裕和的电影作品充斥着人文主义及临终关怀,中国的文学大师叶朗意认为对于生命和死亡的敬畏是藏于是枝裕和电影表面下的核心内容。过去对是枝裕和电影主要从影像风格、社会文化心理、创作生平等方面进行研究,并没有对其影像背后极其具有现实意义的家庭因素进深入挖掘。本文通过将是枝裕和的代表作品进行分析,进一步探索电影中种种家庭问题对当代社会的映射及启示。如今,日本电影同样面临艺术和大众之间的艰难平衡。在亚洲乃全球范围电影市场,日本电影的吸金力已让位于电视剧,甚至沦为动画片的代名词。近几年日本本土每年的电影票房基本依靠动画电影支撑,偶有表现亮眼的真人电影,也多是电视剧的剧场版。这种情况也延续到了中国,内地引进的日本真人电影一直以来都是量少声稀。这种背景下,是枝裕和的电影凭借特的现实视野,观察社会,记录家庭,就有十分重要的意义。
 
关键词:是枝裕和;电影;家庭问题;日本社会
 
要  旨
    是枝裕和映画に対する検討は国内外の学者の注目である。アーサー・ノリフは是枝裕和の映画作品が人文主義と臨終の配慮に満ちていると考えています。中国の文学者の葉朗意は生命と死亡に対する畏敬は是枝裕和と映画の表面の下に隠れている核心の内容だと思っています。昔は是枝裕和映画に対して、映像スタイル、社会文化心理、創作生涯などの面から研究を行いましたが、その映像の背後には極めて現実的な家族要素が深く掘り下げられていませんでした。本稿では、是枝裕和の代表作品を分析し、さらに映画の中の様々な家庭問題の現代社会へのマッピングと啓発を探求する。今、日本の映画も芸術と大衆の間の困難なバランスに直面しています。アジアでは全世界の映画市場です。日本映画の吸引力はすでにドラマに位置し、アニメの代名詞にまでなっています。ここ数年日本本土の毎年の映画興行収入は基本的にアニメ映画に支えられています。たまに見せる実写映画があります。ドラマの劇場版も多いです。このような状況は中国にも続いています。大陸から日本の実写映画が導入されたのは、ずっと量が少ないです。このような背景の下で、是枝裕和の映画は特別な現実的な視野によって、社会を観察して、家族を記録して、非常に重要な意義がある。

 
キーワード:是枝裕和、映画、家庭問題、日本社会

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |