案例,spss,数据分析

试析芥川龙之介作品中的人性观——以《竹林中》《鼻子》为例


此文字数共约:10000字  文章页数共约:16页  发布时间:2021年及之前  原创指数:4.1

【内容概述】

试析芥川龙之介作品中的人性观——以《竹林中》《鼻子》为例

日本大正时期新思潮派的代表作家芥川龙之介的作品将理智与技巧,内容与形式完美统一。短篇小说语言精炼,寓意深刻,是文学界不可多得的精品。其中涵盖了对艺术、人生、人性等不同角度的思考,对人性的思考尤为深刻。他以旁观者的角度,通过对人生以及社会现实的理性分析和冷静观察,将人性赤裸裸地展现在读者的面前。主要体现在怀疑主义和利己主义两方面。具有很高的研究价值和现实意义。本文通过对芥川龙之介两部代表作品的深入分析,探讨其对于人性的思考。
全文共分为五个部分。首先在序言部分探讨本文的写作动机以及写作意义。第一部分简单介绍了芥川龙之介以及他的小说《竹林中》和《鼻子》。第二部分分析芥川龙之介作品中的人性观,主要围绕《竹林中》体现出的怀疑主义和《鼻子》体现出的利己主义展开。进而在第三部分对其人性观进行总结,从成长经历和社会环境两大方面的影响探究成因。最后在结论部分对全文进行总结和归纳。

关键词:芥川龙之介;竹林中;鼻子;人性观
要  旨
芥川竜之介は日本の大正期の新思潮派の代表的な作家である。彼の作品は理知と技巧、内容と形式によって完璧的に構成されている。彼の短編小説は簡潔で、意味深い。文学界では数が少ない優秀な作品である。彼の作品には芸術、人生及び人間性についてのさまざまな考えが分かっている。特に人間性についての見方である。彼は傍観者の目で、人生と社会の現実への理性的な分析と冷静な観察を通じて、人間性を赤裸々に批判する。ここの人間性というのは懐疑主義と利己主義とのことである。芥川の作品は高い研究価値と現実的意義を持っている。本文は芥川竜之介の代表的な二つの作品を例として、人間性について分析してみよう。
全文は全部で5つの部分に分かれている。まずはじめに、本文の執筆動機と執筆意義について説明する。第一部分では、芥川竜之介の小説『藪の中』と『鼻』を簡単に紹介する。第二部分では、芥川龍之介の人間観を分析し、『藪の中』の懐疑主義と『鼻』の利己主義を中心として論じる。さらに第三部分ではその人間観をまとめ,作者の成長経歴と社会環境から受けた影響によって、芥川龍之介の人間性の見方の成因を研究する。最後に結論の部分で全文を総括する。
キーワード:芥川竜之介;藪の中;鼻;人間観

 

*若需协助请咨询↓→[电脑QQ][手机QQ]【数据协助】