案例,spss,数据分析

试论宫崎骏动画中的日本自然观——以《龙猫》《风之谷》《幽灵公主》为例


此文字数共约:10000字  文章页数共约:16页  发布时间:2021年及之前  原创指数:4.1

【内容概述】

试论宫崎骏动画中的日本自然观——以《龙猫》《风之谷》《幽灵公主》为例


自然观是日本民族文化中的重要组成部分,日本传统自然观认为 “万物有灵”以及“人与自然和谐共生”,在“人与自然万物生命平等”观念的影响下,日本人对自然怀有极大兴趣,同时也对自然有所畏惧,由此产生了顺应自然,敬畏自然的自然观。本文从日本自然观的形成发展写起,通过《龙猫》、《风之谷》、《幽灵公主》三个动画作品,从动画中找出与自然相关的具体内容,分析宫崎骏作品体现出的日本自然观以及宫崎骏的寄望。宫崎骏作为土生土长的日本人,深受日本民族文化影响,因此他在作品中向观众传达了非常多的自然观内容,表达了强烈的自然保护意识,对人与自然的关系进行了深刻思考,具有浓厚的社会责任感。近年来,在科技发展的同时,环境破坏问题也愈演愈烈,协调人与自然的相处问题已经成为重中之重,维护生态平衡也是宫崎骏一直追求的课题。希望通过本文让更多人了解自然观,共建人与自然和谐相处的环境。也就是日本自然观的内容——敬畏自然、爱护自然、与自然平等相处,友好共生的思想,呼吁青少年和成年人都能自觉关注自然问题,把自己当作自然中的一员。

关键词:自然观;宫崎骏;动画;自然保护
 
要  旨
  自然観は日本の民族文化の重要な構成部分だ。日本伝統的な自然観は「万物には霊がある」と「人と自然との共生」と考えた。「人と自然万物の生命は平等である」という観念の影響で、日本人は自然に対して大きな興味を持った。同時に自然に対しても恐れを持った。したがって、自然に順応し、自然を畏れる自然観が生まれた。この文章は日本自然観の形成発展から書いた、「となりのトトロ」、「風の谷」、「もののけ姫」の三つのアニメ作品を通じて、アニメの中から自然に関連する具体的な内容を探し出し、作品が体現した日本の自然観と宮崎駿の期待を分析した。宮崎駿は日本人として、日本の民族文化に深く影響された。そのため、彼は作品で観客に多くの自然観を伝えた。近年、科学技術の発展と同時に、環境破壊の問題もますます激しくなった。人と自然との調和の問題はもう重要なものになった。生態バランスの維持も宮崎駿が追求している課題だ。多くの人に自然観を理解させ、人と自然が調和している環境を作りたい。すなわち、自然を畏敬し、自然を愛護し、自然と平等に接し、共生する思想である。青少年も大人も自然に関心を持ち、自分も自然の中の一人であることを自覚してほしい。

キーワード:自然観、宮崎駿、アニメーション、自然保護

 

*若需协助请咨询↓→[电脑QQ][手机QQ]【数据协助】