论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

川端康成作品中的女性形象——以《伊豆的舞女》《雪国》《千只鹤》为例


类型:案例|9000字, 类别:原创|SPSS系数400, MBA附件:开题报告|文献综述

【摘要】

川端康成作品中的女性形象——以《伊豆的舞女》《雪国》《千只鹤》为例

川端康成是日本新感觉派的代表作家。《伊豆的舞女》是他创作初期的代表作和成名作,刻画了一段古典的日式爱情。《雪国》是他的第一部中篇小说,也是他唯美主义代表之作。在川端康成的作品中,《千只鹤》占据重要地位,它从多方面反映了作者独特的创作风格。
本论文主要通过对川端康成的三部代表作品《伊豆的舞女》、《雪国》及《千只鹤》中的女性形象进行分析解读,从而更加深入地探究川端康成笔下塑造的女性形象的特点及异同。
全文共分为五部分。首先在序论中,介绍了论文的创作动机、意义等,并对相关的先行研究予以整理。其次在本论的第一章中介绍了川端康成及其三部作(《伊豆的舞女》《雪国》《千只鹤》)。第二章中详细地分析了其中女主人公的人物形象。在第三章中比较分析了川端康成作品中女性形象的异同点。最后在结论部分,围绕论点对全文予以总结。

 

 关键词:川端康成;女性形象;异同点

要  旨
川端康成は日本の新感覚派の代表作家である。『伊豆の踊子』は彼の初期の代表作で、古典で日本式の愛情を描いている。その作品によって川端康成は作家として世間に知られている。『雪国』は彼の最初の中編小説であり、耽美主義の代表作でもある。そして『千羽鶴』は川端康成の作品の中で、重要な位置をしめており、多方面から作者の独特な創作風を反映している。
本文は川端康成の三つの代表作(『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』)によって、作品の中の女性像を分析する。さらに、それらの女性像の特徴と異同点を深く探求してみる。
本文は全部で五つの部分に分かれている。まず序論で、研究動機や意義などを説明し、関連する先行研究を整理する。次に本論の第一章では、川端康成と彼の三つの作品(『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』)を紹介する。第二章では、三つの作品の女性像を詳細に分析する。第三章では、川端康成の作品の中の女性像を比較し、それらの異同点を研究する。最後に結論では、論点を中心として全文をまとめる。
 
キーワード:川端康成;女性像;異同点

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |