论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

论太宰治中期的内心世界——以《叶樱与魔笛》为中心


类型:案例|10000字, 类别:原创|SPSS系数410, MBA附件:开题报告|文献综述

【摘要】

论太宰治中期的内心世界——以《叶樱与魔笛》为中心

谈起太宰治的作品,就不得不谈及太宰治文学创作的三个时期。其中,昭和十二年,即1937年至第二次世界大战后的约九年间,被称作是其文学创作的中期。该时期内创作的作品与其前期和后期的作品相比,在风格和写作特色上有较大的不同。本文的研究对象——1939年6月发布于《若草》杂志的作品《叶樱与魔笛》正是中期太宰治的一部以女性第一人称视角的回忆展开的短篇小说。
论文围绕《叶樱与魔笛》,阐述了小说的时代背景以及作者的创作生涯,通过分析文中叙述的悲惨的姐妹之情的故事情节,对相关人物情感以及重要事物的意象进行剖析,以发掘贯穿全文的“压抑,反抗与自我救赎”的核心思想。并结合中期太宰治的自身经历,发现其与作品中角色的精神的共通之处,将《叶樱与魔笛》判定为是一部中期太宰治的精神自白型的作品。

关键词:中期;太宰治;《叶樱与魔笛》;思想分析

要 旨

昭和十四年六月に雑誌「若草」に発表された『葉桜と魔笛』は、女性の一人称視点の回想から展開された短編作品である。作品の中に、ある老夫人「私」は、葉桜の頃になれば、あの日を思い出した。「老夫人」は、三十五年前、亡くなった母親に代わって父親と病気の妹を支えていた。しかし、妹は十八歳で亡くなった。その忘れられないのは、その頃のことである。
太宰治の作品というと、三つの時期に分けて討論されている。その中に昭和十二年から終戦後までの九年間は中期と呼ばれる。この作品が完成された時、当時三十一歳の太宰治は丁度人生の転換期にあった。精神病院から退院され、石原美知子と結婚した太宰治は静かに生活したかったという。この時期の作品も前期と後期の作品の風格と比べると、大きな違いがある。本論文は1939年に創作された『葉桜と魔笛』の内容を多様な視点から分析することを中心に、同時代の文脈と中期の太宰治の心理面を参考しつつ、『葉桜と魔笛』のモチーフの真意を探ることを目的としたものである。

 

[キーワード] 中期の太宰治 葉桜と魔笛 抑圧 信仰

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |