论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

太宰治文学中的死亡美学——以《斜阳》与《人间失格》为例


类型:案例|10000字, 类别:原创|SPSS系数410, MBA附件:开题报告|文献综述

【摘要】

太宰治文学中的死亡美学——以《斜阳》与《人间失格》为例

中国的文学作品中,对于死亡,往往在敬畏之余,有着无奈与恐慌。毫无疑问这是个充满悲伤的消极话题。而在日本的文学作品中,则认为美的最高境界就是破碎的美,绝望的美。在这种文化背景的熏陶下,死亡成为了一种美学。日本文学中从不避讳死亡,甚至为了追求这种永恒的美丽制造死亡。日本的现当代文学中有众多作品虽然有着古典的柔美细腻,但很多都给人颓废的美感,压抑的狂乱,与深深的无力感。让人读过之后内心久久不能释怀。并且经常带有抑郁,自杀,殉情等死亡倾向。日本也有相当多的作家在鼎盛时期选择自杀。
在这类作品中,死亡确实带给人一种极致的诡异美感。在消除人们对于死亡的抵触与恐惧的同时,将死亡演绎为引人遐想的幻梦,让读者感慨万千,内心激荡。为何日本文学中有如此多的死亡情节?为何日本民族对死亡有着这种近乎于崇拜的心里观念?本文以太宰治及其晚年代表作《斜阳》与《人间失格》为例,尝试解读日本文学中的死亡美学。
本文分为三个部分,第一部分:通过分析太宰治晚年代表作《斜阳》与《人间失格》中,直治,母亲,和子及大庭叶藏四位代表人物及其角色中所蕴含的死亡倾向来分析日本文学中的死亡美学。第二部分:通过太宰治本人生活经历分析太宰治对死亡的审美意识与这种死亡倾向形成原因。第三部分:从日本民族文化传统,思想观念,地理,宗教与时代背景角度,进一步解读日本民族的死亡美学观念。
 
关键词:死亡美学;太宰治;《斜阳》;《人间失格》

 
要 旨

中国の文学作品の中で、死亡について、往々にして畏敬の念を抱くと同時に仕方なくて恐怖の感じがする。これは悲しくてネガティブな話題に違いない。しかし、日本文学の中で、美の最高の境地は壊れた美であり、絶望の美であると思われる。このような文化背景のもとで、死は一種の美学になる。日本文学は死を避けず、更にこのような永遠の美しさを求めるために死亡を作り出す。日本の現代文学には、古典的な柔らかさと繊細さを持っている作品が多いが、その多くが退廃的な美感、抑圧の狂乱と深い無力感をもたらしている。人に読んだら長い時間が経っても釈然できない。また、このような作品はよく鬱病、自殺、心中など死の傾向がある。日本にもかなり多くの作家が最盛期に自殺を図る。
これらの作品に死は確かに人に一種の極めてグロテスクな美感をもたらし、人々に死に対する抵抗と恐怖を取り除くと同時に、死を幻想的な夢として演じた。読者を感動させて胸に迫ることもできる。なぜ日本文学にはこれほど多くの死亡があるのか。なぜ日本民族は死に対して崇拝に近い心理観念を持っているのか。本文は太宰治と彼の晩年の代表作である『斜陽』、『人間失格』を例に日本文学の中で死の美学を解読してみたいと思う。
本文は三つの部分に分けて、第一部分は太宰治の代表作である『斜陽』、『人間失格』の中で、母、直治、和子と大庭葉蔵の四人の代表人物とこれらのキャラクターに含まれる死の傾向を分析し、文学における死の美学を解読する。第二部分は太宰治本人の生活履歴によって太宰治が死に対する美意識とこのような死の傾向が形成する原因を分析する。第三部分は日本民族の文化伝統、思想観念、地理宗教と時代背景の角度から更に日本民族の死亡美学観念を解読する。


〔キーワード〕 死の美学 太宰治 『斜陽』 『人間失格』

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |