论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

太宰治小说《斜阳》诠释的贵族意识


类型:案例|9500字, 类别:原创|SPSS系数405, MBA附件:开题报告|文献综述

【摘要】

太宰治小说《斜阳》诠释的贵族意识
太宰治是日本著名小说家之一,他的人生虽然只有短短的39年,却为日本文坛留下了许多脍炙人口的作品,不仅在当代影响甚为巨大,在现代也作为经典名著受到认可。太宰治的一生与贵族身份密不可分,其家族是津轻地区的望族,父亲身兼贵族院议员和金融巨头两大身份。在这样的家庭环境下,太宰治从幼年起就萌生了贵族意识,但另一方面由于嫡长子继承制,身为末子的太宰治在家中并不受重视,加之高中阶段就开始离家独居,使得他萌生了对家庭的反叛意识。身为贵族的太宰治对自身身份的感情是留恋和背叛的矛盾。基于这种认知,本文拟运用文本分析法和归纳法,以《斜阳》中的三位贵族角色为视角,对太宰治的贵族意识进行考察。
本文主要分为以下三章。
第一章以母亲为中心,从母亲形象的圣洁和破灭两个角度探讨太宰治的贵族意识中对贵族身份的留恋和对贵族阶级消亡的无奈。
第二章以直治为中心,主要分析直治对贵族身份的反抗和“精神贵族”的追求,并探讨直治的贵族意识与太宰治本人的关联。
第三章以和子为中心,通过分析和子由贵族到革命者的蜕变,分析太宰治对没落贵族救赎之道的理解。
 
关键词:太宰治;《斜阳》贵族意识;矛盾
 
要  旨
太宰は日本の著名な作家の一人である。その生涯はたった39年ですが、日本の文学界に多くの人気作品を残しており、当時に大きな影響を与えただけでなく、現在でも名作として認められる。太宰の人生は貴族の身分と不可分である。彼の家族は津軽地方の名門であり、父親は貴族院議員と金融界の巨頭でもある。そのような家庭環境の中で、太宰は幼い頃から貴族意識を育てるが、長子相続により、末子の太宰は家庭で重視されていない。高校から一人で暮らしはじめることに加えて、彼に家庭に対して反抗意識を育ている。貴族としての太宰治が自分の身分に対する感情は、未練と反逆の矛盾である。この認識に基づいて、本論文では、テキスト分析法と帰納法を使用して、太宰治の貴族意識を『斜陽』の3人の貴族キャラクターから検証することを意図している。
本論文は、主に次の3つの章に分かれている。
最初の章は母親を中心に、母のイメージの神聖さと破滅の二重視点から、太宰治の貴族意識における貴族の身分への未練と貴族階層が崩壊することに対する無力感を論じる。
第2章では、直治を中心に、直治が貴族の身分に対する抵抗と「精神貴族」への追求を分析し、直治の貴族意識と太宰治自身の関係を探す。
第3章ではかず子を中心に、彼女が貴族から革命者への変容を分析することによって、太宰治による没落貴族の救いを論じる。
 
キーワード:太宰治;『斜陽』;貴族意識;矛盾

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |