论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

《伊豆的舞女》中的人物形象及其社会现实意义


类型:案例|9500字, 类别:原创|SPSS系数405, MBA附件:开题报告|文献综述

【摘要】

《伊豆的舞女》中的人物形象及其社会现实意义

《伊豆的舞女》中塑造的每一个人物都与作品的主题表达和情节发展密切相关。创作《伊豆的舞女》时,作者川端康成正处于对爱情的懵懂和“孤儿根性”自省的挣扎中,这样的矛盾心理被隐含在《伊豆的舞女》中,反映了受“孤儿根性”困扰的作者的生活状态和想要拾回自信,疗愈心灵创伤的愿望。
如此凄美的爱情,在川端康成的笔下模糊又真实,辞浅而情深,无关风月,便是过路人都不忍驻足,被深深打动,这份情感被烙刻在心里,没齿难忘。与舞女的邂逅,使潜在于作者心灵深处的“孤儿根性”得以反省。但是社会阶级观念在当时深入人心,两个温暖善良的人和一段润物细无声的感情从诞生到陨落,无不充斥着悲情色彩。本文主要对出场的各个人物形象进行研究,进而诠释作品主题。
全文共分为五个部分。首先在序论中,介绍了论文的创作动机、意义等,并对相关的先行研究予以整理。其次在本论的第一部分中介绍了川端康成的人生经历与文学历程,并对作品的主题进行分析。第二部分中对作品中出现的男女主人公,歌舞伎一行人等的人物形象进行详细的解读。第三部分中通过小说中的人物形象设定分析小说所处的时代背景以及小说所反映的社会现实意义。最后在结论部分,围绕论点对全文予以总结。
 

关键词:伊豆的舞女;人物形象;社会现实意义
要 旨
『伊豆の踊り子』に描かれている人物は作品の主題表現と展開に密接している。『伊豆の踊り子』を書く時に、川端康成はまだ愛がよくわからない。そして自分の「孤児根性」に苦しんでいる。それらの原因は『伊豆の踊り子』の主題に影響を与える。その作品の中には、「孤児根性」に苦しんでいる作者は自信をとりもどして、癒されたいという望みは感じられている。
このような悲しくて美しい愛情は、曖昧かつ真実であり、作品の中にすばらしく書かれていて、たくさんの読者を感動させて、ずっと心の中に残されている。そして踊子との出会いで、心の底に流れている「孤児根性」に苦しんでいる作者は癒された。しかし、当時の階級観念によって、愛し合う二人は最後、別れなければならない。本文は小説に登場する人物像を分析して、作品の主題を探求してみる。
全文は5つの部分に分かれている。まず序論では,研究動機と意義を説明し,先行研究を整理する。次に本論の第一部で川端康成と彼の文学創作の経緯を紹介する。そして『伊豆の踊子』の主題を解説する。第二部では、作品に登場する男女の主人公、歌舞伎などの人物像を詳しく分析する。第三部では、以上の分析によって、小説の時代背景と社会的な意味を研究する。最後に結論の部分で全文をまとめて、論点を出す。

キーワード:伊豆の踊子;人物像;社会的な意味

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |