论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

芥川文学的悲剧性------以《罗生门》《鼻》《蜘蛛丝》为中心


类型:案例|7500字, 类别:原创|SPSS系数385, MBA附件:开题报告|文献综述

【摘要】

芥川文学的悲剧性------以《罗生门》《鼻》《蜘蛛丝》为中心芥川文学の悲劇性---―『羅生門』『鼻』『蜘蛛の糸』を中心に国内外研究芥川龙之介作品的学者有很多,但大体上都是以一部作品为出发点来分析里面的利己主义;或者是,以芥川多部小说为中心来分析里面的利己主义,并没有从利己主义为出发点来分析芥川文章里面隐藏的其他内容。我研究的内容是以芥川的三部小说《罗生门》《鼻子》《蜘蛛丝》为出发点,分析三部作品中的利己主义,进一步分析从利己主义引申到的社会问题以及社会道德。本论文研究的价值在于研究芥川的三部作品来分析人性的利己主义,进而分析芥川文学的社会道德以及社会问题,来为后者研究芥川文学的提供一个新的研究道路。本研究希望日后多研究芥川文学的学者有一定的帮助。
日本の大正時代を顧みる文壇の芥川龍之介は、すばらしい作家に違いない。芥川龍之介の作家生涯は、日本の近代文学にも輝かしい存在である。「新思潮派」の代表といわれる芥川龍之介は、日本文学史において重要な地位を占めている。したがって、芥川龍之介及び夏目漱石と森鴎外は日本文学の最高峰の「日本文学の三大巨匠」と呼びられている。芥川の早期の歴史小説ではエゴイズムという主題が多いであるが。その中で『羅生門』『鼻』『蜘蛛の糸』最も代表的なものがある。この三篇の小説は全てエゴイズムということから人々に着目される。このようなエゴイズムが生存のエゴイズムと傍观者のエゴイズムと極端なエゴイズムといわれている。本稿では、エゴイズムそのものを批判するのではなく、人間性から一つの道具として人間性を見るべきである社会道徳問題と作品の意味を述べて生きたい。同時に、論理的な道徳の上に人々論理規範を呼ぶべきである。

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |