案例,spss,数据分析

从化妆看日本人的审美意识


此文字数共约:10000字  文章页数共约:16页  发布时间:2021年及之前  原创指数:4.1

【内容概述】

从化妆看日本人的审美意识化妆使人美丽。化妆在日本人的生活中具有重要作用。日本女人甚至到了不化妆不出门的地步。化妆这两个字的意义,不仅仅停留在对外表的修饰和身体部位的加工,也不仅仅是化妆行动完成就结束的个人行动,更是个人与个人,个人与他人乃至社会文化之间相互苟同且规范起来的审美意识的体现。所以,化妆不只是日常生活中的一种行动,通过化妆我们更可以了解到日本人独特的审美意识。
   小论从三个方面探究化妆所体现出的日本人的审美意识。首先,从历史的角度了解化妆的发展历程。其次,通过探究化妆中所体现出的“夸张美”和“人为自然美”,进一步认识日本人的审美意识,最后得出结论。
具体来说,小论正文由三个章节组成。
第一章,首先解释化妆的主体和定义。
第二章,分近代以前,近代,现代三个时代,阐述日本化妆的历史。
第三章,探求化妆中体现出的“夸张美”和“人为自然美”,进一步认识日本人的审美意识。
第四章,简述化妆体现出的审美意识对日本的影响。
最后将在结论部分中总结通过全面地把握日本人这两种独特的审美意识,我们将会学习了解到更多日本的知识,也有助于中日外交。
以上的论述,旨在发掘和呈现日本国的文化特征。了解日本的化妆文化,以加深对日本的了解。这对于我们即将走出校园的大学生具有重要借鉴意义。
 
关键词:化妆;审美意识;日本人;影响
要    旨
メイクは人を美しいくする。メイクアップは、日本の生活の中において重要な役割を果たしている。特に日本の女性は化粧せずに外出しないほどである。メイクは、顔や体を美しいくすることでなく、個人と個人、個人と他人、更に社会文化の間の美意識を反映している。だから、メイクは日常生活の単なる行為ではない、我々は化粧を通じて日本独特の美的感覚で学ぶとができる。
本論文は三つの視点から日本人の美的意識を研究する。まず、歴史の視点でメイクの発展過程をはっきりする。そして、メイクに体現される「誇張美」と「自然美」を研究し、日本人の美意識を研究する。最後に結論を出す。
本論文は、三章になっている。
    第一章では、メイクの主体や定義を考える。
    第二章では、前現代、近代、現代の三つの時代を分けて、日本のメイクの歴史研究する。
    第三章では、メイクの「誇張美」と「自然美」を比較し、日本の美意識を更に分析する。
    最後に、全面的に日本人の二つの美意識を研究することを通じて、日本に関する知識を学べるし、中日の外交にもご利益があると考える。
前述は、主に日本文化の特徴をはっきりするためである。日本の化粧文化を知って、日本を詳しく知ることができれば、これから社会の出る我々に重要な意味を持つと考える。
 
キーワード:メイクアップ;美意識;日本語;影響  

 

*若需协助请咨询↓→[电脑QQ][手机QQ]【数据协助】