论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

中日人口老龄化对比


类型:案例|10000字, 类别:原创|SPSS系数410, MBA附件:开题报告|文献综述

【摘要】

中日人口老龄化对比研究
随着国际社会的日益繁荣昌盛,人民的生活水平得到提高,世界人口的平均寿命得到延长,各国老龄人口所占的比重越来越大,人口老龄化在全球范围内得到普及,各国的社会养老负担加剧。
日本于20世纪90年代迎来了人口老龄化社会,人口老龄化程度较高。人口基数庞大的中国,晚于日本迎来人口老龄化,目前仍处于中期探索阶段,应对人口老龄化的社会保障制度和具体对策也刚刚开始制定,并不像日本一样完善。因为中、日两国类似的养老和历史文化背景,整合日本的人口老龄化制度建设过程,有利于我国的养老体系建设。因此本文分析整合了日本当前完善的养老体系以及相关的法律法规制度,同时基于我国的国情,总结了真正适合我国国情的人口老龄化应对方案。
全文分为七章,第一章阐明中日人口老龄化的研究背景和研究目的;第二章是比较分析中日人口老龄化的特点;第三章比较分析中日人口老龄化的社会现状;第四章介绍促使中日人口老龄化发展的原因;第五章比较了中日人口老龄化对策的异同;第六章是对我国的启示并提出具体对策;第七章是结论部分。
 
关键词:中日对比;人口老龄化;二胎政策;对策;启示
要    旨
国際社会のますます栄えるに伴って、国民の生活水準がだんだん高めてきた。世界人口の平均寿命が延び、各国の高齢人口が占める比重が大きくなってきた。人口の高齢化問題が世界的に普及してきたこととて、各国の社会年金負担が激化した。
90年代、日本は人口高齢化の程度が高い人口高齢化社会を迎えた。人口の裾野が巨大な中国は日本より、人口高齢化を迎える時期が遅くて、まだ半ば探求の段階では、人口高齢化に対応した社会保障制度の制定と具体的な対策もさっきから、日本のように完璧ではないのである。日中両国は老人を扶養する面と歴史文化の面においても似ているので、日本の人口高齢化制度の建設過程を組み直すことが、中国の年金システムの建設に有利である。本論において、日本の現在の年金システムと関連する法律制度を分析したうえで、中国の国情に合わせた人口の高齢化対応案を提出した。
本論においては七章に分けて、順次に研究していた。第1章において中日人口高齢化の研究背景と研究目的を明らかに分析した。第2章において中日人口高齢化の特徴を比較した。第3章において中日人口の高齢化社会の现状を比較して分析した。第4章において中日人口の高齢化発展の原因を引き入れた。第5章において中日人口高齢化対策の差異を比較した。第六章においてわが国の啓示に対して具体的な対策を提示した。第7章において結論を出したのである。
 
キーワード:中日対照;人口高齢化;二子政策;対策;ヒント

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |