论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

林芙美子与张爱玲女性意识之比较


类型:案例|11000字, 类别:原创|系数:4.08, 附件:开题报告|文献综述

【摘要】

林芙美子与张爱玲女性意识之比较

在社会发展的过程中,从女性意识开始萌芽,到后来女性在争取男女平等这一观点上走过一段曲折的道路。几千年来,在世界范围内说是一个男权至上的社会是没有什么大错的。男性是第一性,女性是第二性,这是一个基本的事实。当然,与西方的情形相比,亚洲还是具有一些文化特色的,比如母亲在亚洲家庭中的地位要高一些,但是这并没有改变女性处于劣势地位这一基本事实。
许多年来,女性为争取自己的地位做出许多努力,但是现代对女性的尊重还是不够。
因此,本文要对在男权主义社会下萌发的女性意识进行分析。本文选取了中日两位优秀的同时代女性作家,张爱玲与林芙美子的作品进行比较。本论文的第一章首先讨论两个不同国家背景下“家庭内”与“家庭外”的女性形象。在男尊女卑的社会环境下,从她们女性意识的萌芽、对生活的不公平进行斗争与最后的悲剧性命运进行分析。第二章开始讨论自古以来男权至上的社会环境对女性意识的萌发,以及对女性地位的影响。最后我们得出结论,通过比较张爱玲和林芙美子的作品,不仅对两位作家的女性意识有了深刻的了解,而且对中日两国女性的真实地位也有了一定的了解。

 

关键词:女性主义;女性意识;影响;态度
要  旨
社会の発展の過程で、女性の意識から芽生え、その後、女性は男女平等を勝ち取るという観点において、紆余曲折の道を歩る。数千年来、世界の范囲の中で1つの男の権力の至上の社会だと言って、大きな间违いは何もない。男性が第一性で、女性が第二性であることが基本的な事実である。もちろん、西洋の状況と比べて、アジアはやはりいくつかの文化的特色を持っている。例えば、母がアジアの家庭における地位は高いが、これは女性が劣勢にあるという基本的な事実を変えていない。数年来、女性は自分の地位を勝ち取るために多くの努力をする。でも、現代の女性に対する尊重はまだ足りない。
そこで、本稿では男性権主義社会に芽生えた女性の意識を分析する。本文は中日の優秀な同時代の女性作家を選んで、張愛玲と林芙美子の作品を比較する。本論文の第一章では、まず二つの異なる国の背景における「家庭内」と「家庭外」の女性像について議論する。男尊女卑の社会環境の下で、彼女たちの女性意識の芽生えから、生活の不公平に対して闘争して最後の悲劇性運命と分析する。第二章では、昔から男性至上主義の社会環境が女性意識の芽生えと女性の地位に与える影響について議論し始める。最後に、張愛玲と林芙美子の作品を比較することによって、多くの2人の作家の女性意識が深く理解されただけでなく、中日両国の女性の生存状況についても一定の理解ができると結論する。
 
キーワード:女性主義;女性意識;影響;態度

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |