论文,毕业论文,mba论文
您现在的位置:SPSS分析网 >> 日语案例

日本古典戏剧“狂言”的传承与发展


类型:案例|14000字, 类别:原创|系数:4.32, 附件:开题报告|文献综述

【摘要】

日本古典戏剧“狂言”的传承与发展

狂言诞生于日本中世的室町时代,距今已有六百多年的历史,仍然受到现代观众的喜爱与支持。新时代的年轻狂言师们又将古典的剧目进行了改编,传统与创新的结合,使狂言这项古老的传统艺术在现代艺术的舞台上依然能够占据一席之位。
本文通过狂言发展的时间顺序,分别从狂言的起源、发展、高峰、衰落和新起点等各个不同的阶段进行分析,并与每一阶段下的政治经济、思想风潮、社会文化相结合,详细阐述了狂言的历史、流派、表现形式、传承制度以及发展现状等各个方面的情况。另外,本文在分析狂言的传承与发展的同时,也为我国传统文化的保护传承之路提供了借鉴。
全文一共分为四个部分,第一部分主要介绍中世时期狂言的产生与发展;第二部分主要阐述到了江户时代狂言发展达到顶峰,以及在明治维新之后陷入了危机之中;第三部分主要阐述二战之后狂言又重新复苏并在全国范围引起了“狂言热潮”;第四部分阐述狂言家族的家元制度和日本政府对狂言的大力扶持以及在新时代对古典狂言的创新与变革。

 
关键词:日本;狂言;传承;创新
要  旨
狂言は、日本の中世の室町時代に誕生し、今から六百年以上の歴史があるが、まだ観客から愛され、支持されています。新しい時代の若手狂言師たちが古典的な演目をアレンジして、伝統と革新の組み合わせで狂言という古い伝統芸術を現代アートの舞台に取り入れる。
本文には、狂言の発展の時間順序を通して、それぞれ狂言の起源、発展、ピーク、衰退、新しい起点などの様々な段階で分析を行い、各段階の政治経済、思想風潮、社会文化と組み合わせて、狂言の歴史、流派、表現形式、伝承制度、発展現状などさまざまな面について詳しく説明する。また、狂言の伝承や発展を分析するとともに、わが国の伝統文化の保護伝承の道にも参考にした。
本文には、四つの部分を分かれる。第一部分は、主に中世期狂言の誕生と発展を紹介する。第二部分は、江戸時代の狂言がピークに達したこと、そして明治維新の後に危機に瀕したことについて述べる。第三部分は、第2次世界大戦後の狂言が復活し、全国で「狂言ブーム」を引き起こしたことについて述べる。第四部分は、狂言家の家元制度と、日本政府が狂言に対する大支援や狂言師が新しい時代に古典狂言に対する革新や変革について分析する。
 
キーワード:日本;狂言;伝承;革新

 

*此文为原创|获取全文在线咨询→[电脑QQ][手机QQ]【写作协助】

| |